世の中は沢山のいいね!があふれてる。

【日本人初】闘病中の”小林麻央”さんが「世界の女性100人」に選出。その寄稿文の内容に感動!!!

2017/02/21 UPDATE
 
23,652 views

  • 出典元:arashi1


  • 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんが、英BBCが社会に影響を与えた女性を選出する「100 Women 2016」に日本人で初めて選ばれたことが話題になっているので紹介します。

    また、同局に闘病に対する思いを寄稿していた内容がとても感動的でした。

    「100 Women・・・」は13年に始まった企画で、同局が毎年選出した100人に取材を行い、ドキュメンタリーの制作などを行っています。

    麻央さんは同局の要請に応じる形で寄稿。

    BBCによると、麻央が選ばれた理由は「ステージ4のがんと闘いながら、沈黙を破り、病状をブログに書くことで他のがん患者の力になっている」ため。

    他には、リオデジャネイロ五輪女子体操で4個の金メダルを獲得した米国のシモーネ・バイルズ、南アフリカの故ネルソン・マンデラ元大統領の孫でがん対策運動家のゾレカ・マンデラ氏らが選ばれています。

    日本では一般的に、がんについて表立って話をするのは珍しい。

    著名人の場合、回復した、もしくは亡くなった時に初めて、その人ががんだったと知ることの方が多い。

    しかし34歳のアナウンサー、小林麻央さんは病気を公表し、既成概念を破って闘病中の経験や思いをブログでつづり始めました。
    小林さんのオフィシャルブログは現在、日本で最も人気のブログと言われ、多くの支持者を集めています。

    病気によって生きることへの考え方が変わったという小林さんの思いです。

    それでは、BBCの電子版に掲載されている寄稿文はご覧ください。




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード