世の中は沢山のいいね!があふれてる。

医師が監修する「二日酔い」の原因と正しい対処法とは・・・

2017/02/21 UPDATE
 
18,653 views


医師の推奨する二日酔い対策




二日酔い対策を講じている医師のうち、市販薬やサプリメントを活用している医師は 12%、飲み方を工夫するが20%、料理を食べるようにするが 11%。

「飲み方を工夫する」では 88人が「飲む量を調節する」と答えました。

次いで多かった答えが「水、ソフトドリンク、ノンアルコールビールなどを途中で適宜飲む」というもので27人。

飲酒途中の水分摂取を医師も実践しています。

医師の支持する市販薬は、1位は「ウコンの力」などのウコンが入った飲料で49人。

2位が「へパリーゼ」ブランドの市販薬と漢方薬の「五苓散料」で、ともに8人。

このほかには「ハイチオール C」「ソルマック」「大正漢方胃腸薬」「H2 ブロッカー」などが数票ずつ。

ウコンの人気が圧倒的に高い一方、一般人があまり選びそうもない「五苓散料」が上位に入っているのが興味深いですね。

なお、同じ漢方系市販薬では「黄連解毒湯」を4人が選んでいた。


医師が二日酔いになったときにとる対策は?




「水分を摂取する」が 56%でダントツ。

「市販薬やサプリ、ドリンク剤などを飲む」と「風呂に入る」が 8%ずつ。

水分補給こそが「二日酔いの万能薬」であることが、今回の調査結果からもわかります。

医師が二日酔いのときに飲むものは、回答数の多いものから順に「ポカリスエット、経口補水液OS-1などの飲料水」が 27人、「ウコンの力」などのウコン入り飲料が8人、「五苓散料」が7人、「黄連解毒湯」が2人でした。

これはNG!



■炭酸飲料で割るとアルコールの吸収速度が上がってしまいます。

低カロリー炭酸はもっとダメです!

炭酸には、栄養分の吸収を早める効果があるのだが、アルコール吸収も早めてしまいます。

アルコールの吸収速度を遅めてくれる糖分が入っていない低カロリーの炭酸飲料はよりNG。

普通の炭酸飲料、もっといいのは、お水やお茶割りを飲むことです。

■風呂やサウナで有害物質を出そうとする

お風呂やサウナに入って汗として有害物質を出してしまおうと考える人もいるのだが、心臓の弱い人には勧められない上に、睡眠をとるほうがよほど血中アルコールの減少速度が速いというデータもあります。

お風呂やサウナに入ると血流が全身に拡散してしまい、肝臓に血液が集まらないためです。

■迎え酒

迎え酒は、単にアルコールで不快感を麻痺させるだけであり、肉体への負担が大きいため行なうべきではありません。

出典元:livedoor.com












コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード