世の中は沢山のいいね!があふれてる。

女優の”新垣結衣さん”が女性記者に渡した飴に書かれた3つのメッセージとは!

2017/05/11 UPDATE
 
3,914 views
  • 新垣結衣の女性記者への気遣い

  • 新垣結衣さんが読者投票で受賞者や受賞作品を決める「日刊スポーツ・ドラマグランプリ」で主演女優賞を受賞しました。

    そのとき、インタビューした女性記者が受けた行動がネットで話題になっているので紹介します。

    受賞作品は「恋ダンス」がブームにもなった「逃げるは恥だが役に立つ」。

    放送終了から、もう約4カ月が過ぎていたが、記念のトロフィーを手渡すと、笑顔を見せて喜んだ。

    写真撮影を終えて、別室でインタビューをする流れだったが、待機となった。

    しばらくすると、先に部屋に入っていた新垣さんが、ドアを開けてひょっこり顔を出した。

    「今、片付けているので、お待ち下さい」。

    まるでスタッフかマネジャーのように丁寧な口調で事情を説明した。

    実はその部屋はイベント出演していた新垣さんの楽屋だった。

    自分で室内を片付けてから、私たちを招き入れてくれたのだ。

    取材は私が担当したが、表彰でもあるので、上司が同席した。

    おかげで少し緊張してしまい、気分を落ち着かせようと手を使って顔を仰いでいたら、すかさず新垣さんが

    「よかったら、お水をどうぞ」

    と、ペットボトルを差し出してくれた。

    こちらの緊張をすぐさま感じたのでしょう。

    取材前に、まずは一息入れましょうよと言っているように思える表情を浮かべていた。

    おかげで、気分も落ち着いた。

    いくつか質問をしていたら、空気が乾燥していたこともあって、私が小さく咳きをしてしまった。

    かぜをひいていたわけではないが、のどに多少の違和感を覚えた。

    申し訳ないなと思ったその瞬間、新垣さんがこちらを見つめながら

    「のど飴(あめ)ではないですけど」

    と前置きした上で、部屋の机に置いてあった飴を手渡してくれた。

    1粒ずつ小さな袋に入っている飴で、袋にはメッセージが印刷されていた。

    新垣さんがいくつかある中から、選んで渡してくれた飴は2つ。

    1つは「頑張って」と書かれ、もう1つには「たまには休んで」と記されていた。

    こちらの体調を想像して、その2つを選んでくれたようだ。

    インタビューを終えると、もう1つ飴を渡された。

    袋には「お疲れさま」と書いてあった。

    取材を終え、ほっとした気持ちになっていたところで、絶妙のタイミングだった。

    どうやら、先ほど飴を選んだ時、最後に渡そうと用意しておいたものらしい。

    押しつけがましくなく、自然にその場がなごむような気遣いを、心からうれしく感じた。

    相手の様子を見て、何をしたらいいのか、すぐに判断して実行できる。

    おまけにそれが、ごく自然な振る舞いに見えた。

    ドラマは多くの視聴者に支持された。

    女優として輝きも増しているが、1人の大人の女性としても、とても魅力的だと感じた。
  • 出典: livedoor.com
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    新垣さんの選んだ言葉は、

    「頑張って」

    「たまには休んで」

    「お疲れ様」

    多忙な中で忘れがちになる相手への気遣い。

    こういうちょっとした気遣いができるから、彼女は輝き続けるのでしょう。

    外面だけでなく内面を磨くことってとても大事なことですね。

    ますます新垣さんのファンになりました!!!


コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード