世の中は沢山のいいね!があふれてる。

突然、見知らぬ中年女性が暗い夜道で親しげに話しかけてきた。その真相を知ったとき恐怖で崩れ落ちた・・・

2017/04/26 UPDATE
 
96,790 views
  • 暗い夜道で突然おばちゃんに声をかけられた・・・

  • 塾の帰りや会社帰りにどうしても夜道を一人で歩かないといけなくなった経験って誰しもありますよね。

    あなたは、今「私は大丈夫~!」と思ったのではないのでしょうか?

    夜道は危険と認識はしているものの、その危険度は想像以上です。

    真っ暗な夜道には、想像以上の危険が潜んであるのです。

    今回ご紹介したい話は、夜道をひとりで歩いていたある女性が経験した出来事です。

    では、これから読む文章を語り口調で追っていってださい。

  • 私が住んでいる町は繁華街に近い街です。

    しかし、少し道を外れると人気は一気になくなります。

    その道には、街灯がポツポツとあるだけでお店は全くなく、深夜帯は一層静けさが増します。

    私は、飲食店でバイトをしているのですが、帰りはやはり遅くなってしまうことが日常茶飯事で、帰宅毎に怖いなと思いながら帰路についているのは事実です。

    いつもどおりバイト後に帰路につくとある日の私。

    歩いていると、突然後ろから、女性に声をかけられました。

    「あーーーちょっとちょっと!」

    という甲高い声でした。

    それと共に、人が走る足音も聞こえてきたのです。
  • 中年女性の正体とは・・・

  • びっくりしながらも少し振り向いてみると、そこには見た事のないご年配の女性が、私の顔を見ながら私の方に向かって急いで走ってくるのです。

    おばさんは、私にこう話しかけてきました。

    「久しぶりねー、元気してたの!」

    「ちょっと見ない間にまた大きくなっちゃったわね!」

    「今日はお父さんお母さんいるの?急いで帰りましょうね!」

    私としては、何がなんだかわからず、状況は読めませんでした。

    実際私は、そのおばさんを見たことがありません。

    そして、一人暮らしであることから全く話がかみ合いません。
  • このおばちゃんは不審者なの???

  • 私は、その見知らぬ女性に人違いじゃありませんか?

    と聞こうとするも年配の女性はお構いなしに私へと話しかけてくるのでした。

    そして、私の腕を掴みながら「いいから行くわよ行くわよ!」と強引に引っ張って家と違う方面の大通り側へと歩き出したのでした。

    私は、一気に恐怖を感じました。

    なぜなら、突然話しかけてくるその中年女性は私にとっては不審者のようなものだったし、意味がわからない状況に私を連れ込もうとしていたからです。

    その女性はテンションが高く、そして次から次へと知らない話をしていました。

    つられるままに歩き続け、結局車通りの多い大通りにまで来てしまいました。

    もう何がなんだか状況がわからず、涙目になってしまった私。

    大通りに着くとご年配の女性は腕を引っ張りながら「この辺なら大丈夫か」などと言いいだし、取り乱していた私は、思わず「なんなんですか!」と声を張り上げてしまいました。

    しかしその後、女性から出た言葉に耳を疑いました。

    だって、私は全く予想もしていなかった言葉を聞かされたからです。
  • おばちゃんの発した驚愕の言葉とは・・・


コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード