世の中は沢山のいいね!があふれてる。

車に煽られ追突され、大学生が亡くなった事件→大破したバイクを直し、お母さんが言った言葉に涙

泣ける…
2021/02/21 UPDATE
 
3,919 views

車に煽られ追突され、大学生が亡くなった事件→大破したバイクを直し、お母さんが言った言葉に涙

2018年、大阪府堺市で起きた「あおり運転殺人事件」で、犠牲となった大学生が乗っていたバイクは大破した。そのバイクを、就職する予定だったバイク販売会社の整備士が修理、今月、遺族の元に届けられた。

 2018年、大学生だった高田拓海さんは、堺市内でバイクを運転中、車に執拗にあおられた末、追突されて死亡した。

 昨年、車を運転していた被告の判決が確定し、その後、証拠品として保管されていた拓海さんのバイクが遺族の元に戻ってきた。

 しかし、バイクは前の部分が大破し、自宅に持ち帰るのが難しい状態だった。拓海さんの母親は「どれだけ痛かったんやろうって。見た時は一番最初にそれを思いました」と言う。

 途方に暮れる中、母親が頼ったのは、拓海さんが就職する予定だったバイク販売会社の整備士である鈴木一徹さんだった。

 鈴木さんは、事件の3年前、客として来店した拓海さんと知り合い、バイクの話だけでなく、就職の相談にものっていたという。

 鈴木さんは「きっと拓海さんなら直してくださいと、お金はいくらかかっても僕がバイトして頑張りますと言うなって、思ってやりました」と振り返る。

 拓海さんが負った傷を治すつもりで、3か月間ほぼ毎日、閉店後や休みの日にバイクを修理し続けたという。「支えっていうんですかね。いい面での支えになってもらったらっていう思いで直しました」。

 そして今月、事件前の姿に戻ったバイクが遺族の元に届けられた。母親は「一番大事にしていたものなので、どうにかしていつもの場所にとめさせてあげたかった」「拓海に喜んでもらうために直したんで、拓海が喜んでくれたらそれでいいんです」「綺麗にしてたら拓海がいつもで乗れるから」と話す。

 鈴木さんは「お渡しした時のお母さんはいい顔していた。お母さんにエンジンをかけてもらった。一発でかかってこの音、拓海だと言ってくれた。その瞬間僕も肩の荷が下りました」と語った。

 母親は「仕事から帰って拓海のバイクを見るのを楽しみに毎日、拓海と一緒にこれから綺麗にしていきます」と前を向いていた。

ネットの反応




コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

あなたにオススメの記事

よく一緒に見られている関連記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード

おすすめ