世の中は沢山のいいね!があふれてる。

見放さない心が全てを救う!もう一つの甲子園のエピソード

2017/02/21 UPDATE
 
14,894 views



  • 「きみは怪物を見たか」(講談社)
    著者:中村計という本があります。

    この本は甲子園のヒーロー達の感動物語を
    小中学生向けに書いたものです。

    松井秀喜選手
    松坂大輔選手
    斉藤佑樹選手
    菊池雄星選手

    が登場します。

    そうそうたるメンバーです。

    その中にひとつだけ
    ちょっと異質なエピソードがあるのです。

    第4章「もう一つの甲子園」
    というエピソードです。
     
     
    佐賀北が日本一になる13年前のことです。
      
     
    百崎監督は佐賀県立神崎高校という
    高校で野球部の監督をしていました。

    当時は部員が13人しかいないような
    弱小チームだったそうです。

    そんな中でも百崎監督は
    「目標は甲子園だ!」
    と言っていたそうです。

    選手たちは
    「は?」という感じです。

    「そんなの無理でしょ!」
    という雰囲気だったそうです。

    そんな中で一人だけ
    「僕は絶対に甲子園に行く!」
    と言っていた選手がいたそうです。

    でも、そんなに野球がうまくないんです。

    控えの選手なんです。

    でも、一生懸命なんですって。

    こんなことがあったそうです。
     

    ある試合で7点差で負けていました。

    このままだと7回コールドで負けてしまう
    という場面です。

    百崎監督はその彼を代打で出しました。

    ボテボテのショートゴロだったのですが
    ファーストにすさまじい
    ヘッドスライディングをしたんです。

    その迫力に押されて
    相手がエラーをしたそうなんです。

    そこから勢いがついて
    7点差で負けていたものをなんと
    1点差まで追いついたそうです。

    結局、その試合は負けてしまったそうですが
    そんな選手だったそうです。

    しかも、彼の
    「物事に一生懸命に取り組む姿勢」は
    グランドの外でも変わらなかったそうです。

    家では歳の離れた弟の面倒を良く見て
    家の手伝いも一生懸命にやり
    勉強も夜遅くまでやって
    成績は1番か2番だったそうです。

    いつも笑顔で正義感も強く
    みんなから好かれていたそうです。

    百崎監督は密かに
    彼のことをキャプテンにしたい
    と思っていたそうです。
     

    そんな彼が2年生の夏…
     

    自らの手で
     
     
    命を絶ちました。
     
     

    百崎監督は本当にショックだったそうです。
     
     
    「もう、なにをどう考えればいいのか…。

     自分の子も彼のようになってくれたらいいな
     って思っていたくらいだからね。

     理想の子だった。

     その子が自分の手で
     命を落としちゃったんだよ。

     子どもたちをどう育てればいいのか
     わからなくなってしまった…」
     

    あとでいろんな人から
    話を聞いてわかったことなのですが
    彼は本当は野球をもっと
    頑張りたかったそうなんです。

    でも、勉強ができたために
    親戚や家族の期待も大きく
    これ以上、野球を頑張ることが
    できなかったそうなんです。

    百崎監督は、

    「『いい子だね』と言われると
     真面目な子ほど期待に
     こたえなきゃいけないって思うもんね。

     …俺も余計なプレッシャーを
     与えてしまったのかもしれない。

     本当は彼も、もっと甘えたり
     ワガママを言いたかったしたんだろうな」

    と言っています。

    さらに

    「あのときほど
     監督を変わってほしいと
     思ったことはなかった」

    とも言っています。

    辛かったでしょうね。

    でも、百崎監督は逃げませんでした。

    なんと、百崎監督が神崎高校に着てから
    8年目に甲子園への切符を手にしました。
     

    百崎監督

    「あの、自殺をした子のおかげで
     選手に対する見方がまったく変わった」

    と言っていました。

    「それまでは、なんでも言うことをきく
     お利口さんに育てよう…と思っていました。

     でも今は、『短所』があって当然。

     それが本当の子供の姿。

     逆になにも『短所』がない子の方が心配。

     人って、いろんな人に迷惑をかけながら
     成長していくものでしょう。

     だって、完璧だと思っていた子が
     死んでしまったんですから…」

    と言っていました。

    ですから、日誌を出さない選手
    監督のサインを無視する選手
    試合中に興奮して相手チームの選手を
    突き飛ばしてしまった選手がいても今は

    「なんだ、こいつは!」

    とは思わないそうです。

    もちろん、こっぴどく叱りますよ。

    でも

    「そういう部分があってもいいんだ」

    って思えるようになったそうです。

    佐賀北が甲子園で優勝した時
    センターを守っていた馬場崎選手なんかは
    その筆頭だったそうです。

    何度も、百崎監督とぶつかったそうです。

    でも、その選手が
    数々のファインプレーをして
    チームの窮地を救いました。

    卒業式の時に馬場崎選手は
    職員室に来て百崎監督に

    「素直になれなくてすみませんでした…」

    ってボロボロ泣いたそうです。

    百崎監督の「見放さない心」が
    彼をそうさせたような気がします。

    今、体罰が問題になっていますが
    この姿勢こそが監督や教師の
    本来の姿なのでしょうね。

  • 出典元:涙が止まらない



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード