世の中は沢山のいいね!があふれてる。

九州南方海底に活動的マグマを発見!!!噴火するとなんと死者が推定1億人・・・

2017/02/21 UPDATE
 
529 views


  • とてもショッキングな記事がネットで話題になっているので紹介します。

    神戸大学海洋底探査センター(神戸市東灘区)は、11月18日、九州南方の海底に広がるくぼみ「鬼界(きかい)カルデラ」を調べた結果、熱くて濁った水が海底から湧き出る「熱水プルーム」を5カ所で確認した、と発表しました。

    海底からの高さは最大約100メートルに上ります。

    現時点では噴火予測はできませんが、カルデラ直下のマグマが活動的であることを示しているようです。

    巽教授は「熱水プルームがあるということは、地下にマグマがあるということ。数年間調査を続け、マグマの規模や場所を明らかにしたい」と話しました。

    鬼界カルデラは約7300年前に噴火を起こし、九州南部の縄文文化を滅ぼしたとされています。



  • 巽教授によると、こうした超巨大噴火は日本では過去12万年で10回発生。

    実際に起これば国内で死者が最悪約1億人と想定しているそうです。

  • 出典元:yahoo.co.jp


  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    推定される死者の数だけを見るとショッキングで対応するのも困難に感じます。

    でも、起こってしまってからでは、何もできません。

    起こる前に公表されたことで必ず何かの対応策はあるはずです。

    神戸大学の今後の研究発表や対応策に期待したいと思います。



あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード