世の中は沢山のいいね!があふれてる。

戦後初となる「日本人所有機体」で「日本人パイロット」による『零戦』の超低空飛行が国内で行われる。

2017/12/03 UPDATE
 
1,683 views

  • 「零戦里帰りプロジェクト」で零戦こと零式艦上戦闘機が八尾空港を離陸、超低空飛行が行われました。

    これは戦後初の「日本人所有の機体」「日本人パイロット」による飛行になります。
  • 零戦里帰りプロジェクトの趣旨と目的

  • 零戦はその開発の目的と歴史には二度とあってはならない悲しい歴史を背負っていますが、当時、日本の物作りに関する技術力を世界に知らしめた「日本の物作りの原点」とも言える機体です。

    日本は長年の景気低迷、少子高齢化、社会保障問題、地球温暖化、東日本大震災や多くの自然災害からの復興、原発問題、TPP加盟によるグリーバル化などその環境は大きく様変わりしています。

    日本は、ここで初心に帰り考え直す時期に来ていると考えています。

    本機を里帰りさせることで、二次大戦世代の方から平成生まれの新生代の方まで多くの方が、「初心に帰り」、「何かを思う」、「明日を考える」きっかけになれることが最大の目的です。
  • それではその映像ご覧ください。
  • 「お帰りなさい」と心から言ってあげたいです。

    兵器は使わないことが大切ですが、そこで懸命に努力した人達や培われた技術を忘れないためにも、残していかなければならない遺産だと思います。

    どのような理由であれ二度と戦争を行ってはならない。

    この世から戦争がなくなることを切に願います。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード