世の中は沢山のいいね!があふれてる。

殺人アリ「ヒアリ(火蟻)」が日本上陸…だが日本にはヒアリの天敵がいた!!!

2017/07/09 UPDATE
 
213,034 views

  • 環境省は今月7日に東京港・大井埠頭でヒアリ1匹が見つかったコンテナから、新たに100匹以上を確認し駆除したと発表しました。すべて働きアリで、女王アリや卵、さなぎなどはなかったとのこと。
  • 危険な外来生物「ヒアリ(火蟻)」とは

  • ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ、火蟻[)とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種であり特定外来生物にも指定されている。毒性の強い近縁種であるアカカミアリよりも強力な猛毒の針をもち、刺されると火傷のような激しい痛みだけでなくアナフィラキシーショックを起こし死亡する場合もある。時に殺人アリとも呼ばれることもある。
  • これまでに東京都、兵庫県、愛知県、大阪府の港で確認されています。

    そんな恐ろしいヒアリ(火蟻)が日本に…と心配される方がほとんどだと思いますが、日本にはヒアリ(火蟻)の天敵がいたのです。

    それは『日本の蟻』

    日本の蟻は、縄張り意識が強く、他種の蟻が縄張りに入ってきたら殺しにかかるそうです。

    そんな日本の蟻に関するツィートをご覧ください。
  • ヒアリは今進入直後で封じ込めを図っている時期です。

    なのであなたが一般人の場合、現段階では心配はほぼ不要とのこと。

    そして、ヒアリと戦ってくれる、つまりヒアリの敵になれる存在は、主には既に日本に居るアリたちです。

    彼らを失わないためにも、今はまだアリと言うだけで怯えて駆除はしてはいけません。

    ぜひ皆さんのご協力をお願いします<(_ _)>



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード