世の中は沢山のいいね!があふれてる。

日本とアメリカのADHD(発達障害)の違いを描いたイラストが話題に!

ADHD(発達障害)についてのアメリカと日本の対応の違いに関してのツイートを紹介します。
2017/04/23 UPDATE
 
4,008 views
  • ADHDとは・・・

  • 注意欠如多動性障害(ADHD)は、多動性・衝動性しょうどうせいと注意力の障害を特徴とする行動の障害です。

    これは米国精神医学会において採用された障害名で、WHO(世界保健機関)では多動性障害という名称が用いられています。

    学童期では出現率が3~5%、男児に多く、男女比は3~5対1です。

    基本症状は不注意、多動性、衝動性です。

    通常、症状は幼児期から認められますが、集団生活の場で支障を来して初めて気づくことが多いようです。

    反抗的・反社会的行動、学習障害、不安・抑うつ、その他の精神医学的障害を合併していることが少なくありません。
  • 日本とアメリカの違い!

  • 最後の「自分」が感じる結果に驚きました。

    同じ症状なのに周りの環境がもたらす影響は大きいですね。

    もっとADHDに関しての理解が深まるように、多くの人にこの記事を読んでほしいです。


コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード