世の中は沢山のいいね!があふれてる。

カンニング竹山の実体験からの不倫に対するつぶやきがネットで話題に!!!

2017/04/09 UPDATE
 
3,556 views
  • ベッキーと川谷絵音の『ゲス不倫』から始まり、狩野英孝、乙武洋匡、ファンキー加藤など、芸能関係の不倫のニュースがメディアを賑わせました。

    不倫の報道されると謝罪会見を開くことになったり、仕事が激減。

    そんな風潮に対して、ベッキーと同じ事務所の所属でもあるカンニング竹山さんがツイッターで持論を展開し、話題になっているので紹介します。

    過去に、自分の誕生日である4月2日の「誕生日会」で知り合った女性との不倫で痛い目にあっているだけにこのツイートは妙に説得力があります。

  • このツイートには多くのコメントが寄せられています。
  • カンニング竹山さんは、2016年以降に芸能界で不倫の報道が相次いだことにより、不倫をした人は関係のない人から非難を浴び、世間に謝罪をしなければならなくなるというパターンへの違和感を訴えました。

    本来謝罪するべきは家族であり、不倫相手の家族であって、世間ではない。

    日頃、メディアの露出の多い方だからこそ感じる悩み。

    家族の気持ちを一番に考えることには強く共感しますが、

    何よりも不倫をしないことが大事ですね。


コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード