世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「弱者を抹殺する。」と題してYahoo!知恵袋に投稿された質問へのベストアンサーが深すぎる!!!

2017/02/21 UPDATE
 
23,022 views



  • 「Yahoo 知恵袋」に投稿された質問に対する答えが素晴らしいと話題になっているの紹介します。

    質問の内容はこちらです。
     
  • 質問内容(irie120310さん)
     
    弱者を抹殺する。
    不謹慎な質問ですが、疑問に思ったのでお答え頂ければと思います。
    自然界では弱肉強食という単語通り、弱い者が強い者に捕食される。
    でも人間の社会では何故それが行われないのでしょうか?
    文明が開かれた頃は、種族同士の争いが行われ、弱い者は殺されて行きました。
    ですが、今日の社会では弱者を税金だのなんだので、生かしてます。
    優れた遺伝子が生き残るのが自然の摂理ではないのですか。
    今の人間社会は理に適ってないのではないでしょうか。
    人権などの話を出すのは今回はお控え頂ければと思います。


  • なかなか難しい質問です。

    これに対してのベストアンサーがとっても深く素晴らしいものでした。

    こちらがベストアンサーです。

  • ベストアンサー(mexicot3さん)
     
    え~っと、、、よくある勘違いなんですが、自然界は「弱肉強食」ではありません
    弱いからといって喰われるとは限らないし、強いからといって食えるとも限りません
    虎は兎より掛け値なしに強いですが、兎は世界中で繁栄し、虎は絶滅の危機に瀕しています
    ***
    自然界の掟は、個体レベルでは「全肉全食」で、種レベルでは「適者生存」です
    個体レベルでは、最終的に全ての個体が「喰われ」ます
    全ての個体は、多少の寿命の差こそあれ、必ず死にます
    個体間の寿命の違いは、自然界全体で観れば意味はありません
    ある犬が2年生き、別の犬が10年生きたとしても、それはほとんど大した違いは無く、どっちでもいいことです
    種レベルでは「適者生存」です
    この言葉は誤解されて広まってますが、決して「弱肉強食」の意味ではありません
    「強い者」が残るのではなく、「適した者」が残るんです
    (「残る」という意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味であることに注意)
    そして自然というものの特徴は、「無限と言っていいほどの環境適応のやり方がある」ということです
    必ずしも活発なものが残るとは限らず、ナマケモノや深海生物のように極端に代謝を落とした生存戦略もあります
    多産なもの少産なもの、速いもの遅いもの、強いもの弱いもの、大きいもの小さいもの、、、、
    あらゆる形態の生物が存在することは御存じの通り
    「適応」してさえいれば、強かろうが弱かろうが関係無いんです
    そして「適者生存」の意味が、「個体が生き延びる」という意味で無く「遺伝子が次世代に受け継がれる」の意味である以上、ある特定の個体が外敵に喰われようがどうしようが関係ないんです
    10年生き延びて子を1匹しか生まなかった個体と、1年しか生きられなかったが子を10匹生んだ個体とでは、後者の方がより「適者」として「生存」したことになります
    「生存」が「子孫を残すこと」であり、「適応」の仕方が無数に可能性のあるものである以上、どのように「適応」するかはその生物の生存戦略次第ということになります




コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード