世の中は沢山のいいね!があふれてる。

マネージャーから言われた一言が「ルー大柴」を変えた! ~回り道が実は近道かもしれない~

2017/02/21 UPDATE
 
9,100 views




  • ルー大柴さんと言えば

    「テンション高めで
     英語をちょくちょく交えて
     暑苦しくしゃべるヘンなやつ」

    というイメージを抱いている人も
    多いと思います。
     

    ルー大柴さん、もともとは役者志望で
    芝居漬けの日々を送っていましたが
    まったく売れません。

    頭の中のイメージは世界的スターなのに
    現実は家族も満足に食べさせられない始末で
    お母様からは「女房、子どもを泣かすな」
    と言われていたそうです。

    そこでいったん夢をあきらめ
    ティッシュ配りや結婚式の司会と
    何でもやりました。

    不思議なもので
    夢を追いかけるのを止めると
    今度は夢の方が追いかけてきました。

    深夜ラジオの出演をきっかけに
    舞台やテレビからも
    声がかかるようになったのです。

    その時に生まれたのが
    『嫌われキャラ』の「ルー大柴」でした。

    嫌われてでも世に出たかったのです。

    おかげでルー大柴の名は
    全国区で知られるようになりました。

    毎日テレビに出るような日々が
    5、6年は続きました。

    けれど次第に仕事が
    入ってこなくなりました。

    実はルー大柴さん本人が
    「ルー大柴」に飽きてきたといいます。

    最初こそ無我夢中でしたが
    いつまでたっても

    「テンションあげてください」

    と演出される。

    売れて有頂天になっていたこともあり

    「うるさいだけが僕じゃない」

    と不満がたまっていたそうです。

    お客様の反応も今ひとつになり
    いつの間にかギャラは全盛の頃の
    十分の一くらいになりました。

    「このままではダメだ」

    と思うものの強烈な「ルー大柴」という
    個性をどう変えればいいのか
    さっぱり分かりませんでした。

    そんな時、新しく事務所に入ってきたのが
    マネージャーのMさんでした。

    Mさんは、ルー大柴さんの担当になって
    すぐに、こう斬り出しました。
     
     
    「これから何をしたいんですか?

     今のルーさんは中途半端ですよ!」
     
     
    ルーさんは、腹が立ちました。

    しかし、本気で「ルー大柴」を
    再生する気持が伝わってきて
    彼と組んで本気で「ニュー・ルー大柴」を
    つくろうと決意しました。

    その時、ルーさん52歳。

    本気で、と言いながら
    まだ妙なプライドがあったのでしょう。

    ある時、Mさんがとってきた
    テレビの仕事に愕然としました。

    十数人の芸人たちが詰め込まれた
    楽屋に案内されたのです。

    思わずルーさん、Mさんに

    「これはないだろう」

    と文句を言いました。

    そんな時「すみません」と
    謝るマネージャーが多いと思いますが
    Mさんは違いました。
     
     
    「今、あなたの置かれてる立場は
     ここなんですよ」
     

    と言ったのです。

    ルーさん、返す言葉がありませんでした。

    そしてようやく
    自分の状況を正面から受け止め
    「一からやり直そう」
    と覚悟が決まりました。

    以来、ルー大柴さんは
    いただいた仕事のひとつひとつを
    丁寧にやってきました。

    NHKの「みんなのうた」で
    「MOTTAINAI~もったいない」を唄ったり
    Mさんに勧められて始めたブログが
    女子高生たちの間で話題になりました。

    暑苦しいトークも「ルー語」として
    若い人たちを中心に
    再び注目されるようになったのです。

    ルーさんは語っています。
     
     
    「自分の未熟さや世間の評価を

     受け入れるのは辛いことですが

     まずはそこをしっかり受け止め

     どんなに小さな仕事でも

     ひとつひとつ丁寧にやる。

     回り道のようでも結局は

     それしかないんですね」

     
    むしろ回り道の間に何をするかが大事。
     
     
    ルーさんは五十代で茶道を始め
    師範になったそうです。
     
     
    すぐに役立つわけではないけど
    自分の幅が広がったとルーさんは言います。
     
     
  • 引用元:PHP特集「少しだけゆっくり生きてみよう」

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    プライドを捨てる!

    これは口で言うほど
    簡単なことではありません。

    過去に成功した経験がある人は特にです。

    ルー大柴さんもかなりの自分との
    葛藤があったことでしょう。

    マネージャーさんの言葉を
    真摯に受け止め
    新しい自分を見出した
    ルー大柴さんを私は尊敬します。

    この話が少しでも
    あなたのお役に立てれば幸いです。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード