世の中は沢山のいいね!があふれてる。

こんな楽しいオーケストラ見たいことない!アンコールの演奏に会場中が大騒ぎ!!!

2017/02/23 UPDATE
 
4,835 views

  • みなさん、「シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ」というオーケストラ団体はご存知でしょうか!
  • シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

  • シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ(Orquesta de la Juventud Venezolana Simón Bolívar)は、ベネズエラのカラカスを本拠地とするユース・オーケストラである。
    なお、名称の由来となる「シモン・ボリバル」とは、19世紀初頭にスペインの圧政から南米諸国を解放した革命・思想家の名前で、ベネズエラ出身の英雄としての彼の業績を称えたものである。

    人口2600万人のベネズエラには、全国30カ所に、約130のユース・オーケストラ、約60の子供オーケストラがあり、25万人の子どもたちが、国家的プロジェクトである、クラシック音楽のトレーニング・システム「エル・システマ」に参加している。これは、ベネズエラ元文化大臣のホセ・アントニオ・アブレウ博士が提唱した、クラシック音楽を演奏させることによって、貧しい子供たちを善良な市民に育成し、麻薬や犯罪から守り、社会の発展に寄与させることができるというプロジェクトを「ベネズエラ青少年・児童オーケストラ全国制度財団」が推進。そのオーケストラの頂点がシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラなのである。シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラは、1975年に設立され、ベネズエラの首都カラカスを拠点に活動。すでにザルツブルクやルツェルンなど欧米の著名な音楽祭にも出演しており、聴衆から圧倒的な賛辞を送られている。また、世界的な指揮者のアバドやラトル、ベルリン・フィルの団員たちが彼らの演奏に魅了され、定期的にベネズエラを訪れ、指揮や演奏指導を行なっている。犯罪が多発するこの国で「音楽は社会を変える力となる」という信念のもと、多くの子供たちを犯罪から守り、貧困層の子供たちに夢を与える存在となっている。
    出典: eplus.jp
  • とにかく、こんな楽しいオーケストラは見たことありません!

    ぜひご覧ください♪
  • こちらはニューヨーク公演の映像

  • スゴイの一言です\(^o^)/

    音楽ってやっぱり最高ですね!

    何かイノベーションと可能性を感じました♪



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード