世の中は沢山のいいね!があふれてる。

スタバの店員が辞めない秘訣「6つのミッション」とは・・・

2017/08/07 UPDATE
 
129,757 views

  • 国内外で人気の「スターバックス・コーヒー(スタバ)」。

    実は利益を上げているだけでなく、従業員の満足度が極めて高い企業であることでも有名です。

    高い利益率を保ちつつ、従業員の自主性を引き出すためにスターバックスが行っている6つの「ミッション」が興味深かったので紹介します。
  • 従業員の自主性を引き出す方法

  • 倫理的観点はさておき、ブラック企業として利益をだすことは難しいことではありません。

    一方で、労働環境の良い企業として利益をだすことは難しい問題です。

    労働環境が良い職場は非効率的な部分を生み出します。

    一般的には、労働環境を良くするためには従業員を尊重していく必要があります。

    従業員を尊重することと効率性を求めていくことを両立させることは簡単なことではありません。

    従業員を尊重しすぎると、いろいろな意味で統制が取れなくなります。

    この2つを両立させるためには、労働環境が良いことと効率性(生産性)を両立させる企業文化などが企業の土台としてあること、それを適切に管理できる優秀な管理者を擁していることが必要となります。
  • スターバックスに「働き方改革」のヒントがある

  • 企業文化についてはスターバックスが参考になるでしょう。

    スターバックスは人材が定着している企業として有名です。

    アルバイトでも5年、10年と働くことも珍しくないようで、昨今の店舗型ビジネスにおける人手不足問題もどこ吹く風です。

    スターバックスは労働環境が良いだけでなく、従業員の積極的態度を引き出す組織文化もあります。

    それを象徴しているのが、スターバックスの「ミッション」です。

    このミッションにおいて、スターバックスはなぜ存在するのかを従業員を含めた世界の人々に宣言しています。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード