世の中は沢山のいいね!があふれてる。

錦織選手のマレー戦勝利の瞬間に解説者の”松岡修造さん”がとった意外な行動の理由に感動!!!

2017/02/21 UPDATE
 
8,124 views

  • 全米オープンの男子準々決勝、錦織圭選手がリオ・オリンピック金メダルのアンディ・マレー選手に勝利。

    その試合中の解説を務めていた松岡修造さんが勝利の瞬間に「マイクのスイッチを切る」という意外な行動に出ました。

    その行動をとった理由が感動的だとネットで話題になっているので紹介します。



  • その日、松岡修造さんはTVの解説者として、現地で錦織選手の試合を観戦していました。

    対戦相手のアンディ・マレー選手は、ウインブルドンで優勝、リオ・オリンピックでも金メダルを獲得した今大会の優勝候補です。

    錦織選手のこれまでの対戦成績は1勝7敗と苦手な選手。

    試合は一進一退。

    松岡さんは、解説者でありながら「最後まで見られない。結果だけ教えてほしい」と言いだすほどに緊張していました。

    そして、ついにむかえた錦織選手のマッチポイント。

    その瞬間、松岡さんは自分の役目も構わず、解説ブースの音を「自ら切ってしまった」のです。

    のちに彼は、自身のブログで、このときの心境を綴りました。

  • この興奮、抑えきれないでいます。

    WOWOWでこの試合を解説させてもらったが、

  • センターコートで最後まで諦めずに自分と戦っている姿を見ていて、

    最後のゲームはジュニアの頃のあの小さな圭の姿と重なって涙が止まらなかった。


  • マッチポイントは音を消し、解説ブースで泣き崩れてしまいました。


  • 幼い頃から錦織選手を知る松岡さんだからこそ、こみあげる感情を抑えきれなかったようです。

    フルセットの熱戦を制し、宿敵マレーを見事に打ち破った錦織選手。

    松岡さんは、彼の偉大さを次のように語っています。

  • 「とにかくすごいのは、僕らは優勝したかのような歓喜に沸く中、圭自身は話していてもすごく落ち着いていた。疲れていたのもあるが、『次がある』という雰囲気だった。勝った時も抑え気味のガッツポーズ、誰よりも冷静に次の準決勝を見据えている」




  • 準決勝の相手は、世界ランク3位のスタン・ワウリンカ選手。

    1セット目をとったものの残念ながら惜しくも敗退。

    それでも錦織選手の活躍はわたし達に元気を与えてくれています。



  • これからも錦織選手の活躍と松岡さんの熱い応援に注目ですね!

  • 出典元:shuzo.co.jp




コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード