世の中は沢山のいいね!があふれてる。

野球部の女子マネージャーは甲子園のグランドに立てない!?その理由に考えさせられる。

2017/02/21 UPDATE
 
9,703 views

  • 部活はプレイヤーだけでは成り立たない。

    監督やコーチ、そして陰ながら部員たちを支えるマネージャー。

    ある野球部のマネージャーは毎朝、ご飯を炊きおにぎりを作って朝練を終えた部員たちにふるまう。

    ある野球部のマネージャーは選手全員の人形をお守りとしてつくり応援のメッセージを添える。

    ある野球部のマネージャーは・・・

    甲子園に出場するチームの多くは、たくさんの部員を抱え、それを支えるマネージャーの仕事は計り知れない。

    そんなマネージャーももちろん野球部の部員。

    甲子園のグランドに立ちたい。

    または甲子園のグランドに立たせたいと思うチームがあってもおかしくない。

    今回は、そんなマネージャーへのある規則に関する記事が、あまりにも理不尽だとネットで話題になっているので紹介します。


  • 第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習が2日、甲子園球場で行われ、大分の女子マネジャーがユニホームを着てグラウンドに立ち、大会関係者から制止される一幕があった。

    大会規定では
  • 危険防止のため
  • 、グラウンドに立つのは
  • 男子のみ
  • と明記されている。

    甲子園練習も準じる形になるが、手引きには男女の明記がなく、ジャージでの参加は禁止、ユニホーム着用とだけ書かれていた。

    そのため廣瀬茂部長は「私が勘違いしていました。彼女は一生懸命頑張ってきたので、グラウンドに立たせてあげようと思って…。本当に申し訳ありません」と女子マネジャーの首藤さんのユニホームを新調し、甲子園練習に練習補助員として参加させた。

    守備練習では慣れた手つきでノッカーへボールを渡し、約10分が経過した頃、大会関係者が気づいて制止。

    首藤さんは「やっぱりダメなんだと思いました。いつもやってるんですけど、甲子園ということで緊張して手が震えました」と言う。


  • 出典元:daily.co.jp

  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    高校野球自体は素晴らしい。

    ただ、こういう規則がまだまかり通っていることをあなたは不思議に思いませんか?

    選手といっしょに甲子園目指してがんばってきて いつもグラウンドで同じように汗を流して 声を枯らしてきたんだと思います。
     

    危険防止で男子のみ?


     

    これを男女差別とネットではコメントが多く寄せられていた。

    いつの時代に作られたものだろう・・・。


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード