世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”YOU”の”ダウンタウン”への思い。「どちらかというと浜田組」

2017/02/21 UPDATE
 
11,451 views
  • 出典元:topicks.jp



  • タレントの”YOU”さんが、テレビにに出演し、

    師匠で恩人という”ダウンタウン”への思いを語った。

    19歳で原宿でスカウトされて芸能界入りしたYOUは、歌手活動などを経て90年、

    27歳のときにダウンタウンがパーソナリティを務める

    ラジオのアシスタントに抜擢され、ダウンタウンと出会った。

    当初は、存在していないかのごとく無視され、



  • 「(ダウンタウンが)怖くて。水曜の夜からお腹がシクシクいたくなった」。



  • プレッシャーから「やせて血尿が出た」こともあったという。

    それでも半年後には打ち解け、楽しさを実感。

    翌91年にはセンスを買われ、フジテレビでスタートしたテレビ番組のレギュラーに抜擢された。

    現在はダウンタウンを「兄さん」と呼ぶYOU。

    「ごっつ-」の収録で、コントに全く対応できず、

    「もうわかんない!」とパニックになったとき、

    松本人志から

    「誰に笑ってほしいとおもってんねん?」

    と言われ、

    「お兄さん」

    と答えると、

    「じゃあ、そういう風にやったらええやん」

    と言われ、

    悩みが全て消えたことなどを明かした。

    ダウンタウンには「どうぞしゃべってください」とお膳立てされたことは一度もなかったが、

    逆境がYOUのお笑いのセンスを鍛え上げた。

    ダウンタウンについて



  • 「全ての勉強をさせていただいた。幸せです。」




  • と感謝。

    現在は浜田雅功とはプライベートで親しく、家族ぐるみの付き合い。

    「どちらかというと浜田組です。相当な数、お家に行かせていただいてます」

    と話していた。


  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    人の入れ替わりの激しい芸能界でも、人との出会いって大切なんだなーと感じました。

    男女ともにファンの多いYOUさんの今後の活躍に期待したいと思います。

    松本さんの「誰に笑ってほしい?」という助言は、仕事にもいかせそうですね。


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード