世の中は沢山のいいね!があふれてる。

テニスの試合で負けた選手が握手もせずに背を向け走り去った。と思いきや次の瞬間会場は大歓声!!!

2017/04/25 UPDATE
 
38,733 views
  • コロンビアのボゴタで行われた男子テニス「カロビッチ選手×セラ選手」の試合で、負けたセラ選手が、握手もせず背を向け走り去ってしまいました。

    しかし、それには理由がありました。

    それでは早速ご覧ください!
  • 動画を見てもらってわかったと思いますが、2人の身長差を埋めるため。相手がかがまないようにちゃんとハグができるためだったのです。

    このセラ選手の対応に「素晴らしい!」「紳士だ!」などのコメントが寄せられています。

    ちなみに、身長はカロビッチ選手が211cm、セラ選手は175cm。

    セラ選手が小さいわけではなく、カロビッチ選手が大きいのですね(^_^;)

    試合は負けてしまいましたが、ナイスな心遣い素敵です(*^^)v


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード