世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「今の夢はなんですか?」この質問に即答できなかった大人達へ!

2017/02/21 UPDATE
 
6,074 views


  • 子どもの頃の夢だった仕事に就けている割合は22%。

    約5人に1人しか子どもの頃の夢は叶っていません。

    (※「子どもの頃に就きたかった仕事」という質問を、はたらこindexがインターネットユーザーを対象に2015年11月1日~2016年2月10日に実施したもの。男性38人、女性62人の計100人の有効回答を得ている。)

    アンケートによると、「子どもの頃に就きたかった仕事に就いた」が9%、「子どもの頃に就きたかった仕事に関連する仕事に就いた」が13%となり、22%が子どもの頃の夢を叶えているという結果になったそうです。

    子どもの頃に就きたかった職業について聞いたところ、女性は1位「マンガ家」11%、同率1位「教師・保育士」11%、3位「ケーキ屋」6%。

    男性では1位「スポーツ選手」21%、2位「パイロット」8%、同率2位「医師」8%、同率2位「政治家」8%でした。

    結果はともあれ、子どもの頃って将来の夢って持っている人が多かったですよね。

    特に、幼稚園や小学校の低学年では戦隊ものやお姫様など目の前の憧れを素直に夢にできていました。

    いつの頃でしょう・・・。

    わたしたちが夢をあきらめたのは。

    そんなことを考えさせられる動画がネットで話題になっているので紹介します。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「子どもの頃って、夢はなんでしたか?」



    この質問にママたちは、声優、テニス選手、歌手と、スラスラと答えていきます。

    ここで質問を変えます。

    「今の夢はなんですか?」



    なかなか答えが出ません・・・。

    子どもの頃の夢はスラスラと答えていたママたちが、今の夢を尋ねられた途端に悩んだり黙ったり、年齢や家事を言い訳に諦めモードになってしまいました。




コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード