世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”ビル・ゲイツ”など、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍!!!読書量を増やすことが庶民から抜け出す一番の近道!?

2017/02/21 UPDATE
 
8,814 views
  • ある調査によれば、20代、30代のビジネスマンは1ヶ月の読書量は平均0.26冊。

    それに対して、30代で年収3000万円の人の読書量は平均9.88冊だそうです。

    その差は約38倍です。

    アメリカの調査でもビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が1日30分以上本を読むのに対して、年収300万前後の人たちの中で1日30分以上の読書をしていたのは、たったの2%しかいなかったそうです。

    日本マイクロソフトの代表を務め、ビル・ゲイツと共に働いた成毛眞さんは、周りの経営者やクリエティブな人の中で、本を読んでいない人はいないとして、ビル・ゲイツのような優秀な人達に共通していることは、「良い本」を「大量」に読んでいることだと述べています。

  • 出典元:co-media.jp



  • ちなみに彼は例年のように年末に自身の公式ブログ上にて2014年に最も気に入った本を5冊紹介しました。



  • 1. Business Adventures, by John Brooks
    2. Capital in the Twenty-First Century, by Thomas Piketty.
    3. How Asia Works, by Joe Studwell
    4. The Rosie Effect, by Graeme Simsion
    5. Making the Modern World: Materials and Dematerialization, by Vaclav Smil.



  • 彼は独自のネットワークを使って、読みたい本は出版される前から入手することも多いそうです。

    日本語訳が出版されているものもありますし、洋書の読破やビジネス知識の向上に一度は読んでみても良いかもしれませんね。
  • 出典元:co-media.jp


  • 彼ほどの富豪でも生活の中で30分以上を読書に費やしています。

    読書とは、「自分はまだまだ知らないことがたくさんあるなぁ」ということに気づくための行為。

    そして、その人と話せば、その人の読書量やどんな本を読んでいるかが分かると言われます。

    しかし、自分の苦労話を2時間も、3時間も話したり、スポーツの話や金儲けの話が中心の人たちは、ユーモアのセンスが一切感じられないため、会話にその人の考え方や頭の回転の速さがよく表れてきます。

    本はただの活字かもしれません。

    しかし、そこから遠い異国の風景を思い浮かべたり、目に見えない理論や哲学を見極めるための「想像力」が必要になります。

    そのため、本を読む・読まないという行為は、その人の品格を表すとも言われます。

    読書家の人が、電車の中で化粧をしていたら周りからどう思われるか、真夏に幼児を車の中に長期間放置していたらどうなるかが、想像できないとは考えにくく、読書が品格を表すという表現は、ある意味、的を射ているのではないでしょうか。




あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード