世の中は沢山のいいね!があふれてる。

熊本地震を受けて、 いま被災地で「やるべきこと」「やってはいけないこと」

2017/02/21 UPDATE
 
8,755 views
  • 4月14日午後9時26分ごろ、熊本県で震度7を観測する地震がありました。

    多くの家屋が崩壊するなど、現地では相当な被害が出ています。

    そこで、東京都がまとめた防災情報ハンドブック「東京防災」から、地震発生直後に「やるべきこと」「やってはいけないこと」を紹介します。
     
     
    まずは
  • 「やってはいけないこと」



  • 自宅などガスや電気が通っている場所にいる際は、ガスに引火する可能性があるので、火はつけないこと。

    電気のブレーカーを上げないこと。

    電気のスイッチも触らないようにしましょう。

    被災地域以外でできることもあります。

    大事なのは、不要不急な電話は控えること。

    被災直後は、電話回線がパンクする恐れがあります。

    用がないなら、電話は絶対にやめること。

    またLINEは、今回の地震を受けて有料電話などの昨日を無料にすると発表しました。
     
     
     
    つぎに
  • 「やるべきこと」




  • 夜間避難の注意点



  • 夜間の避難の最大の注意点は、見通しが悪いことです。広い道を通行するなど、いつも以上に注意が必要です。
     
     
  • 避難の流れを確認する




  • もし、家族が離れ離れになっている場合は、自宅に安否メモを残す、電話会社が提供している災害用の伝言サービスを使うことが大事です。
     
       
    被災地では、まだまだ余震が続いています。

    焦らず、今やるべきことを行ってください。

    世界一の「おもいやり」のある国、日本なら大丈夫です。

    みんなで助け合っていきましょう!
     



あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード