世の中は沢山のいいね!があふれてる。

母に伝えられなかった「ありがとう」という言葉…

2017/02/21 UPDATE
 
7,555 views


  • 僕が3歳のとき、父が亡くなり、

    その後は、母が女手ひとつで僕を育ててくれた。
     
     
    仕事から帰ってきた母は、疲れた顔も見せずに晩ご飯をつくり、

    食事の後は、内職をしていた。
     

    毎晩遅くまでやっていた。

    母が頑張ってくれていることは、よく分かっていた。
     
     
    だけど、僕には不満もいっぱいあった。
     
     
    僕が学校から帰ってきても、家には誰もいない。
     
     
    夜は夜で、母は遅くまで内職。
     
     
    そんなに働いているのに、わが家は少しも裕福じゃなかった。
     
     
    遊園地にも連れて行ってもらえない。
     
     
    ゲームセンターで遊ぶだけの小遣いももらえない。
     
     
    テレビが壊れたときも、半年間、買ってもらえなかった。
     
     
    僕はいつしか母にきつく当たるようになった。
     
     
    「おい」とか「うるせー」とか、生意気な言葉を吐いた。
     
     
    「ばばあ」と呼んだこともあった。
     
     
    それでも母は、こんな僕のために、頑張って働いてくれた。
     
     
    そして、僕にはいつも優しかった。
     
     
    小学校6年のとき、初めて運動会に来てくれた。
     
     
    運動神経が鈍い僕は、かけっこでビリだった。
     
     
    悔しかった。
     
     
    家に帰って母はこう言った。

      
    「かけっこの順番なんて

     気にしなくていいよ。

     おまえは素晴らしいんだから」
     
     
    だけど、僕の悔しさは、ちっともおさまらなかった。
     
     
    僕は学校の勉強も苦手だった。
     
     
    成績も最悪。
     
     
    自分でも劣等感を感じていた。
     
     
    だけど、母はテストの点や、通知表を見るたびに、やっぱりこう言った。
     
     
    「大丈夫、おまえは素晴らしいんだから」
     
     
    僕には何の説得力も感じられなかった。
     
     
    母に食ってかかったこともあった。
     
     
    「何が素晴らしいんだよ!?

     どうせ俺はダメな人間だよ」
     
     
    それでも母は自信満々の笑顔で言った。
     

    「いつしか分かる時がくるよ。

     おまえは素晴らしいんだから」
     


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード