世の中は沢山のいいね!があふれてる。

センバツ出場中の古豪”高松商”の知られざる「儀式」に秘められた他界した大先輩の意思。

2017/02/21 UPDATE
 
36,609 views
  • 今年も大変な盛り上がりを魅せているセンバツ高校野球。

    その中でも昨年の秋の明治神宮野球大会高校の部で初優勝を飾った高松商のある「儀式」が話題になっています。

    高松商といえば、第一回中等学校野球大会で優勝した古豪。

    さらには春夏の甲子園で各二回、国体でも一回優勝と輝かしい歴史を誇る伝統校です。

    そんな伝統校にはずっと昔から伝わるある儀式があります。


  • 大会第8日第2試合の1回、三塁手の山下樹君が守備の前、ベースの前で片ひざをつきました。

    帽子をとり、右手でベースに触れて5秒間目をつぶり祈りました。

    「笑顔でプレーするので見ていて下さい。」

    この彼の不思議な行動は・・・
     


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード