世の中は沢山のいいね!があふれてる。

【感動】下町ロケットの”阿部寛”のセリフの中に、ある人への追悼の言葉が隠れていた。

2017/02/21 UPDATE
 
11,061 views

  • 「下町ロケット」は、今期の連続ドラマでトップとなる平均17・7%の高視聴率を記録していた。

    その第8話に、主人公の阿部寛さんが発したアドリブのセリフがネットで話題となっている。

    そのセリフは
  • 「なんだかなぁ~」


  • この言葉を聞いてピンとくる方も多いのではないしょうか。



  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    この言葉は、物語で非常に重要な場面で発せられた。

  • 「なんだかなぁ~・・・・・」


  • 第1話で共演した阿藤快さんの口癖「なんだかなぁ~」。

    天国へと旅立った先輩に向けて、阿部さんの粋な惜別のメッセージだった。
  • 出典元:daikaibou.com
  •  
  •  

    突然の訃報を受けた直後の撮影。

    阿部さんは台本になかった「なんだかなぁ~」をアドリブでセリフに込めた。

    俳優としての心意気だった。

    阿部さんが演じる佃製作所の社長・佃航平ら町工場で働く男たちの奮闘ぶりを描く感動物語。

    阿藤さんが弁護士役で出演した第1話は平均視聴率16・1%を記録し、好スタートを切った。

    その数週間後の予期せぬ別れ。

    視聴者の圧倒的な支持を背景に意気揚々と撮影に臨んでいた現場の雰囲気は一変し、悲しみに暮れた阿部は「自分にいま何ができる?」と必死に考えた。

    撮影していたのは、ロケット用バルブの納入について、帝国重工の財前部長(吉川晃司)と交渉する重要な場面。

    今後の物語展開を左右する場面だからこそ、阿藤さんへの感謝の気持ちを込めた。

    番組関係者は「阿部さんと(役柄の)佃航平の心情がリンクして感動しますよ」と明かした。

    阿藤さんと共演した数日間を思い返し、訃報の際に阿部さんは

    「ショックを隠しきれません。大先輩なのにおちゃめで謙虚で誰にも親しまれた方でした」

    とのコメントを寄せた。

    撮影が休みだった20日には、神奈川・小田原市で営まれた通夜に参列。

    番組関係者は「阿部さんはどうしても阿藤さんに『必ず、ドラマを成功させます』と伝えたかったんだと思います」と心情を思いやった。

    社員一丸で苦難に立ち向かう役柄同様に共演者とのコミュニケーションを大事にするのが阿部のこだわり。

    万感の思いを込めた「なんだかなぁ~」は、大成功のドラマを代表するワンシーンとなった。

  • 出典元:www.hochi.co.jp


  • それではこの動画の最後のシーンをご覧ください。



  • 阿部さんの熱いメッセージ、かならず天国の阿藤さんに届いたことでしょう。

    「なんだかなぁ~」。

    心に染みますねー。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード