世の中は沢山のいいね!があふれてる。

【感動】妻を亡くした男性が、人生をかけて愛した人へ音楽を奏で続ける・・・。

2017/02/21 UPDATE
 
1,608 views


  • この8年間、ジーン・カリバンは朝早く起きて

    フロリダのインディアン・リバーサイド・パークへ

    サックスを演奏しに行っています。

    何年もの間、彼は筋萎縮症を患う

    妻パットの介護のために自分の夢を諦めていました。

    ジーンが36歳のとき、パットは彼にとって

    初めてのサックスを買ってくれました。

    今では60代になり、彼は自分ができる唯一の方法で

    妻に敬意を表すことにしています。

    彼の最愛の妻が亡くなる前、

    妻はある事を彼に伝えました。

    それは

  • 「ずっとなりたがっていたサックス奏者になること」


  • でした。

    それでジーンは妻のために毎朝何時間もサックスを演奏しています。

    時々、なぜ演奏しているのか聞かれることもあります。

    彼は、最後の瞬間まで看取った妻の話をします。

    最愛の高校時代の恋人で、

    運命の人で、

    人生をかけて愛した人だと。



  • 「私は妻とは50年前に出会いました。

    彼女は私そのものだった。

    私たちは【パットとジーン】だったのです。

    でも私の話は悲劇の物語ではないんですよ。」

    ジーンはTC Palmのザイマリ・デ・ガズマンに語りました。

    「これは勝利の物語なんです。

    だって私は恋に落ち、

    今でもまだ妻のことを愛しているのですから。

    彼女は今でも私の気持ちを奮い起こしてくれます。

    サックスを演奏するのは、

    家族のアルバムを見ているようなものです。

    サックスを演奏することは、

    彼女との人生を紐解いているようなんです。」




  • ジーンさん、演奏し続けてくれることを願います。

    これが本当のラブストーリーだと

    思ったらシェアしてください。



  • 妻を愛し続けるジーンさんの行動に感動しました。

    サックスの演奏がつなげる二人の愛が永遠に続くことでしょう。



あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード