世の中は沢山のいいね!があふれてる。

11才の少年の遺体に深く敬礼する医師。その理由に改めて深く考えさせられる。

2018/02/11 UPDATE
 
103,568 views
  • 自分の臓器を提供したい

  • その願いは「自分の臓器を提供したい」でした。

    後日、彼の小学校の教師は取材に「教科書に掲載された物語を読んで、臓器提供のことを知ったんだろう」と語っています。 リャン君の将来の夢は、医者になることだったそうです…。

    臓器提供を待つドナーに対して、臓器提供者の数が圧倒的に不足している現実は世界的に変わらず、みなさんもご存知でしょう。

    臓器提供に関しては提供者本人だけでなく、残された遺族の気持ちの問題も大きく簡単ではありません。

    リャン君の尊い行いとともに、彼の願いを叶えることを選択したご家族の決断にも頭が下がる想いです…

    ▼こちらはニュースの映像です。
  • もし自分の子供が同じ状況になったなら、果たして子供の意思を尊重できるでしょうか…

    おそらく、とても受け入れることは難しいと思います。

    この記事を読んで、臓器提供について改めて深く考えさせられました。
  • 出典: CCTV News



あなたにオススメの記事

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード