世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「左足を切断しないといけない」と残酷な宣告を受けた男性。そこで彼はある行動を起こします。その行動に世界中から賞賛の声が上がっています!

2017/11/14 UPDATE
 
139,555 views

  • アメリカ在住のジョー・プレバンさん。

    彼は音楽とスポーツをこよなく愛す清々しい青年です。しかし、彼はある難病に苦しんでいました。
  • それは腱鞘巨細胞腫という病気です。

    この病気は四肢の関節などに腫瘍が出来る病気で、詳しい原因などはわかっていません。
  • 病状はかなり悪く、強い痛みを伴い、関節周辺の軟骨は殆ど無かったそうです。

    完治するには左足を切断するしかありません。

    残酷な宣告でしたが、ジョーさんは「自分の足が無くなる」この運命を受け入れるしかありませんでした。

    しかし、ジョーさんはこの運命をポジティブに受け入れました。

    手術で足を失う前に彼は、切断される前に20年以上共に生きた「左足」に楽しんでもらおうと決意したのです。

    ジョーのお姉さんは「ジョーの左足の最後の冒険」と題した写真のアルバムを作成しました。
  • 彼がまず「左足の冒険」の始めにした事。

    それは左足の手術によって切断される箇所に「切り取り線のタトゥー」を入れた事でした。
  • ヴァージニアにあるタトゥーショップで切り取り線のタトゥーと共に「Please Cut Here(ここを切ってください)」という文字を入れました。

    この画像が出た症例カンファレンスでは医師達が大うけしたそうです。

    そして始まった「ジョーの左足の最後の冒険」が始まりました。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード