世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”松中信彦選手”が現役続行にこだわる理由。

2017/02/21 UPDATE
 
4,069 views
  • 画像元:blog.goo.ne.jp



  • 今年のプロ野球は
    40歳代のベテラン選手が
    次々と引退を表明しました。

    中日の谷繁元信、和田一浩
    小笠原道大、谷佳知(オリックス)
    などなど・・・。

    そんな中にあって
    ソフトバンク・ホークスの
    松中信彦選手(41歳)は
    今年きりでホークス退団後も
    現役続行の意向を表明しました。

    目に涙を浮かべてこう述べました。

    「入団する時は
     逆指名でホークスを選んで
     最後はホークスで終わりたい
     という気持はありましたけど
     やっぱりそれ以上に野球がしたい」

    松中選手は、飛びぬけた打力で注目され
    96年のアトランタ五輪では
    日本代表の四番に座り5本塁打を放つなど
    銀メダル獲得の原動力となりました。

    またプロ入り後の2004年には
    史上7人目の三冠王の栄誉に輝いたのを始め
    栄光の足跡を数多く残しています。

    優れた野球人生を
    送ってきたかのような松中選手ですが
    栄光と同じほどの
    苦悩と挫折を経験してきた人でもあります。

    投手兼一塁手だった八代一高時代は
    ボールを投げられないほどの
    肘の重症を負いました。

    「野球を続けるのは無理」

    と医師からの宣告を受けます。

    しかし、松中選手は

    「はいわかりました」

    と諦めるほど
    物分かりのよい少年ではありませんでした。

    右投げの訓練をし
    さらに徹底的にバットを振って
    打力を磨きました。

    その甲斐あって
    新日鐵君津への入社が叶い
    ノンプロ野球の世界で
    頭角を現していきます。

    ただまともな
    スローイングができない松中には
    指名打者しか試合に出場する道は
    ありませんでした。

    やがてオリンピックの候補選手として
    ノミネートされるとシーズンオフで
    左ひじの手術をすることにしました。

    「オリンピックに出場してプロへ」

    チームメイトや会社の同僚に

    「そんなの無理だろう」

    と言われても松中はただひたすら
    バットを振り続けました。

    その後は、前述のように
    アトランタ五輪での活躍
    そして、97年には逆指名のドラフト2位で
    福岡ダイエー・ホークスへの入団に至ります。

    日本を代表するスラッガーとして
    誰もが一目置く選手に成長してきました。

    しかし、栄光と表裏の関係にある
    故障や怪我を避けることはできず
    右ひざ半月板や左手首にメスを入れると
    出場機会も次第に減少してきました。

    若手の台頭も重なり
    2010年には79試合の出場
    2012年には、ホームランも
    4本に留まりました。

    ホークスの首脳陣も辛かったと思います。

    松中選手の力量は
    もはや来季の戦力構想からは外れています。

    しかし、それをあからさまにしたのでは
    これまでの彼の貢献度や実績を考えても
    申し訳ない。

    そこで、チームの方針を伝えた上で

    「ならば引退します」

    と空気を読んでくれることに期待したようです。

    ところが、松中選手の結論は
    冒頭の談話のようにホークス退団後も
    現役続行という意思表示だったのです。

    栄光を極めた松中選手です。

    それにずっと所属し
    大きな愛着のある球団から
    離れることになったのです。
     
     
    なぜ、松中選手は、そうまでして
    現役野球選手にこだわるのでしょうか?
     
     
    現役へのこだわりの理由を
    松中選手はこう語っています。
     

    「一軍の選手と対戦し
     『これはダメだ』
     と思えば引退した。

     でも

     『もうちょっとこうすれば
      チャンスがあるんじゃないか』

     という気持が芽生えてきたので。

     もうボロボロになるまで
     自分が納得するまで
     やりたいと思います」

    ここ2~3年の自分の成績を見れば
    戦力外を通告されるのは
    十分予想できることでした。

    しかし、悩んだ末に松中選手が決意したのは
    美しい花道は選ばないということでした。

    それは自身の野球人生が
    情熱よりも執念で続いてきたものだからです。

    今後、どこからも声がかからなければ
    引退するしかありません。

    しかし、そんな寂しい引き際より
    挑戦しないことの方が格好悪い。

    これが松中信彦選手を支えてきた考え方です。

  • 引用元:yuru2club.com


コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード