世の中は沢山のいいね!があふれてる。

過熱する恵方巻き廃棄問題に兵庫県内のスーパーが「もうやめにしよう」と一石を投じ大反響を呼んでいる!

2018/02/05 UPDATE
 
2,188 views

  • 毎年、大量廃棄が問題視される恵方巻き問題に、兵庫県内のスーパー「ヤマダストアー」が広告チラシで「もうやめにしよう」と一石を投じ、反響を呼んでいます。

    前年の売上個数よりも多くの数を用意するのが当たり前のスーパー業界で、ヤマダストアーはあえて余剰分を作らない施策を取りました。

    ヤマダストアーは、毎年大量廃棄が問題視される恵方巻き問題に対して「食材の原価だけで考えてるからそんなことになるんやと思う」「ヤマダの鮮魚従業員も『海産資源は絶対減ってる』って言ってます。だから大事にしたいんです」と自社の見解を明かしました。

    その上で「今年は全店、昨年実績で作ります」と宣言。

    売れ行きに応じて数を増やすことはしない、という異例の方針を打ち立てました。

    そして出した広告チラシがこちらです。
  • 結果、8店舗中5店舗で全恵方巻きを完売したほか、割引を実施して完売となった店舗もあったとのことです。
  • 食べられるはずのものが次々と廃棄されるのはやはり心が痛むものです。

    小売店にとって節分は大きなビジネスチャンスかもしれませんが、食品ロスを減らすためには何ができるのか、販売者だけではなく、私たち消費者ももう一度考えた方がいいかもしれませんね。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード