世の中は沢山のいいね!があふれてる。

イチロー選手の「野球人生で最高の日」とは…

2017/09/11 UPDATE
 
1,996 views

  • 日米で大活躍のイチロー選手。

    積み重ねた記録は数えきれない。

    ・プロ野球通算最多安打
    ・MLB年間最多安打
    ・1シーズン連続盗塁記録

    などなど・・・

    それを達成した瞬間瞬間で感じた想いはあるだろう。

  • 「あなたの野球人生で最高の一日はいつですか?」
  • この質問をされた多くの選手は、初出場やキャリアを象徴する記念日を答えた。

    しかし、イチロー選手は・・・
  • まだ僕が野球少年だったすべての日です。

    一日毎に少しずつ野球が上達することを実感していました。

    毎日のようにした練習。

    小学3・4・5年生の頃、試合の度に成長できたことを日々体感しました。

    それは最高の気分でしたね。
    出典: feely.jp
  • 野球の上達を日々感じた少年時代。

    かけがえのない体験をした最高の日々。

    イチロー選手は、日米通算歴代最多安打記録4257安打を放った際、少年時代のエピソードを披露しました。

    悔しさがバネになったと、その思いを明かしました。

    「僕は子どもの頃から、人に笑われてきたことを、常に達成してきている自負はある」

    「近所の人から『あいつプロ野球選手にでもなるのか?』っていつも笑われてた。でもプロ野球選手になった」

    このように、子どもの頃から目的と課題を設定し、克服してきたことを改めて感じさせられました。

    小さな満足の積み重ねこそが大きな喜び。

    その達成感を味わう回数が多かった少年時代こそが、最高だった。

    単純だけどとても深い。

    なんとも、イチロー選手らしい答えですね。



コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード