世の中は沢山のいいね!があふれてる。

”関根勤”の毎日イライラしていた子育てを一転、ニコニコ笑顔に変えたひと言とは・・・

2017/09/03 UPDATE
 
5,488 views

  • 子育てを一変させた関根勤のひと言

  • バラエティー番組を中心に第一線で
    活躍を続ける関根勤さん。

    また、娘でタレントの関根麻里さんを
    愛する家庭人としても知られています。

    関根さんは良好な親子関係を築く
    子育て術を次のように語りました。

    その内容に関することをブログの記事
    に書かれ、話題になっているので紹介します。

  • 出典: www.rosei.jp
  • 6歳、4歳、3歳の双子、息子4人の母親です。
    双子に重い病気と知的障害があります。夫は仕事でほぼ不在。
    双子の病状悪化が理由で1月に仕事を辞め、
    今は専業ですが毎日障害児の施設に母子登園しています。

    字数制限で書けませんが、とにかく毎日バッタバタ。
    イライライライラ、怒ってばっかり。
    子供に怒鳴るのは毎日、時には手が出ることもありました。
    「子供がかわいくない」と思ってしまう自分に罪悪感を感じ、
    寝顔を見て泣き、イライラしすぎて頭痛がし、長男に当たり散らし、
    「どうにかなりそう」と毎日言っていました。
    私が怒るから家の中も暗いし、イタズラも増え悪循環。

    子供が欲しくて産んだけど、子供がいるだけでありがたいけど、
    双子が難病抱えながらも生きていてくれるだけで感謝だけど、
    毎日そう思いながら子供と向き合う余裕はありませんでした。

    そんなとき・・・
    テレビ番組で関根勤さんが言っていた言葉が私を救いました。

    「(子育て中は)子供をいかに笑わせるか。そんなことばっかり
     考えていました。お風呂に入る前にお尻を壁から突き出して
     振ったりとかね。」って。(こんな感じの内容)

    それで早速その日にお尻突き出し(笑)をやってみると
    子供たちが大笑い。4人全員が笑顔になったんです。
    あ、なんだこんな簡単なことなんだと目からウロコ状態でした。
    それからは子供をどう笑わせるか?と思いながら
    子供たちと向き合うように努力しました。
    「生きていてくれてありがとう」と思いながら向き合うのは
    無理でも、「笑わせてやろう」と思いながらは意外と簡単。

    続けていたら子供たちもとても良い状態になりイタズラも減り
    毎日が幸せで楽しくなり、今は子供がかわいくて仕方がないです。
    数ヶ月前が嘘みたい。
  • 同様の内容を、関根さんはこのように
    語っています。
  • ボクは麻里が生まれたころ、(仕事も少なく)ヒマだったんですよ。
    週に5日、家にいましたから、ずーっと一緒にいました。
    でね、“とにかく自分にできることは何かな?”と思ったんですよ。
    そしたら、“世の中って楽しいな!生きてて楽しいな!”って、子どもに思ってほしかったんです。
    いっぱい笑って楽しかったりすると、学校に行って友達とちょっともめたとか、先生とそりがうまく合わないとかあっても、“うちに(帰って)来るとチャラになるよ”、そんな父親になりたいなって思って。
    とにかく、笑わせたんです。

    でもね、笑わせているだけじゃダメじゃないですか。
    イジメ問題とかいろいろあるじゃないですか。
    で、“自分の娘、イジメられないかな?”、“イジメる側に行かないかな?”とか心配しましてね。
    親に言わない人が多いらしいですね、イジメられても。
    それが手遅れになるのがイヤだったから、小学校3?4年生のときに、
    『お父さんは、君が全てだ。君のためなら死ねる。そういう気持ちで生きているんだから、もしイジメられたりしたら絶対言ってくれよ。
    なんとかするから』と。
    そう“味方だからね。
    いつも、見ているよ”と(いう自分の気持ちを)口に出して伝えっていったんですよ。
  • そんな子育てが実り、「理想の父娘」
    と評判の関根さん父娘。

    そして、関根麻里さんも結婚。

    なんと、交際には父親の許可を得ていて
    4年半の交際期間を経ての結婚だったそうです。

    子育ては難しい。

    でも、子どもを愛して苦労した分だけ
    成長した後の子どもの幸せは、涙もの
    でしょうね。

    最後に、関根さんの子育てに関する
    コメントを紹介します。

    「子育ては子どもとかかわった分だけ
     結果が出るものなので、
     頑張ってほしいですね。
     
     子どもが悩み、ドロップアウト
     しそうになった時、親と過ごした
     時間が歯止めをかける。
     
     僕は、そう思っています」




コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード