世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「お盆休み」は何のためにあるの?「お盆休み」の本来の役割とは・・・

2017/08/07 UPDATE
 
699 views
  • お盆休みが近づいていました。

    故郷から遠方に住んでいて、
    子どもを連れての里帰りという
    人もいいのではないでしょうか?

    最近は、仕事を長期で休める
    機会も少なく、このチャンスに
    海外に旅行に行く人も多いようです。

    そもそも、「お盆休み」って
    何のためにあるのでしょうか。
  • お盆休み本来の役割

  • 昔の働き方に「丁稚奉公(でっちぼうこう)」
    というのがありました。

    年少のうちから商店の下働きとして、
    住み込みで働く事です。

    丁稚に出す家族は、自分の息子を商家に託します。
    商家は、親御さんの子どもを預かり、
    商いの事だけでなく、しつけも教えました。

    それゆえ、丁稚奉公中は、起きてから寝るまでの
    すべてが商家のしきたりに従って生活します。

    甘えは許されず、実の親や兄弟に
    会いたくても会えませんでした。

    ただ、年に二度だけ実家に帰ることが許されました。

    それが、盆と正月です。

    丁稚にとって帰省する喜びは、
    ひとしおだったことでしょう。
  • 変化しつつ本来の役割

  • 今の時代はどうでしょう。

    丁稚奉公のような働き方はなくなり、
    自宅から通勤していればその必要はなくなります。

    一人で生活しているとしても、
    スマホの普及で連絡手段は、
    帰省しかないという時代ではありません。
    毎日でも連絡が取れるようになりました。

    むしろ、「お盆休み」には、
    久々に地元の友人と会うための、
    休暇のキッカケを作りなどに使われているようです。

    そして「神仏を敬う」ために休暇を使うことよりも、
    家族や仲間と「旅行を楽しむ」ために使う人もいます。

    時代に合わせてその役割が変わることは
    大切なことでしょう。

    しかし、そもそもの役割を理解した上で、
    お盆休みには先祖のお墓に手を合わせる。

    そういう習慣がなくなるのは、
    寂しいことかもしれませんね。

    あなたはどう感じましたか?


コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード