世の中は沢山のいいね!があふれてる。

【必見!!】エアコンをつけて寝ると体がだるくなる原因と対策。

2017/07/10 UPDATE
 
11,263 views

  • 本格的な夏の暑さを迎え「エアコンがないと夏は越せない…」「夜もエアコンなしでは寝られない…」という方も多いと思います。

    しかし、エアコンの影響でだるさや頭痛など、逆に体調不良を訴える人も多いのはご存知でしょうか!?

    今回はそんなエアコンと体調の関係について紹介します。
  • エアコンをつけて寝ると体がだるい!

  • なぜエアコンをつけっぱなしで寝ると体がだるくなる人がでるのでしょうか!?
  • 人間の体温は通常、常に一定に保たれています。

    暑くても、人間は汗をかくことによって体内の熱を外にだし、体温を下げることができます。

    しかし、オフィスでも、車でもエアコンが効いている中で過ごし、さらに寝ているときもエアコンをつけっぱなしでは、夏でも汗をかくことなく、身体から熱が奪われます。

    すると、毛細血管が熱を奪われないようにと血流量を減少させてしまったり、汗が出て熱が下がらないようにと汗腺が収縮し、汗が出るのを防ぎます。

    その一方で屋外は暑いですから、外に出れば毛細血管が急激に拡張したり汗腺も開いたりと、真逆の状態となります。

    そうしたことを何度も繰り返すことで、心身の状態を平常に保つために重要な働きをする自律神経に障害がではじめ、身体に様々な不調がではじめます。

    睡眠中は人間にとって身体全体の温度を下げ、機能を休める大切な時間ですが、エアコンが効いた室内での睡眠では、皮下表面の温度が下がったままで冷気にさらされることとなり、これもまた、自律神経の障害に繋がってしまいます。

    冷えは万病のもと、とも言いますが、単純に身体がいつも冷えた状態となること自体が心身の様々に悪影響を及ぼしてしまいます。

    エアコンが原因のだるさ、倦怠感や頭痛、肩こりなどの不調は、「エアコン病」「クーラー病」「冷房病」と言われ、子供から高齢者まで、男性、女性問わず症状を訴える方が増えています。

    年々症状が悪化するケースは多く、ひどいと夏でも暖房が必要になることもあります。
  • では、エアコンで体がだるくなった時はどのような対策をすればいいのか・・・



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード