世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「どうかシッポを振らないでくれ」殺処分を担当する保健所の元職員が想いを綴った文章に涙が止まらない・・・

2017/10/20 UPDATE
 
28,065 views

  • どうかシッポを振らないでくれ・・・

  • 動物愛護センターや保健所に犬が連れてこられると、その後、飼い主からの連絡を待つ期間が数日間あります。

    その犬が飼い主とはぐれてしまったペットであれば、飼い主が必死になって探しているかもしれないからです。

    保健所で犬が保護されているこの期間、犬たちの世話をするのは保健所の職員たちの仕事です。

    餌をやり、便を片付け、外に出してやったり、頭を撫でてやったり、慣れない場所で犬たちが安心できるようできる限りのことをしてやるそうです。

    その待ち期間が終わりを告げると、飼い主からの連絡がなかった犬の中には譲歩されるチャンスが与えられる犬もいます。

    新しい家族が見つかれば幸いですが、見つからなかった場合、日本ではその犬の命の終わりを意味します。

    毎週、数日間とはいえ、可愛がっていた犬たちを殺処分へと送り出さなければならない職員の心境がどんなものか、考えたことはありますか?
  • こちらは以前Facebook にシェアされ話題となった、保健所で動物の殺処分を担当していた職員の視点から書かれた文章です。
  • それではご覧ください。



コメント

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード