世の中は沢山のいいね!があふれてる。

「学校の授業で私の曲を使う時は無料で使って欲しいな」宇多田ヒカルさんのツイートが大きな反響を呼んでいる!

2017/02/21 UPDATE
 
1,069 views

  • 歌手の宇多田ヒカルさんがTwitterで、学校の授業で自身の楽曲を使用する際は、著作権料なんか考えずに無料で使ってほしいとコメントし、大きな反響を集めています。
  • 「無料で使って欲しいな」

  • 宇多田ヒカルさんは「音楽教室から著作権料徴収へJASRAC方針、反発も」の見出しで伝えられたヤフーニュースの記事のURLを添え、自らの意見をツイート。

    JASRAC(日本音楽著作権協会)は、2018年1月から全国の音楽教室から著作権料を徴収する方針を固めています。今後、練習や指導のために楽曲を演奏する音楽教室でも、コンサートや演奏会と同様「演奏権」が及ぶとの考えています。

    今回、宇多田さんのツイートに対し、多くの称賛の声が上がっています。また、作曲・作詞家が個々の任意で著作権料をとるのか決めることが理想との意見も上がっていました。
  • 宇多田ヒカルさんの楽曲を教科書でぜひ紹介してほしい

  • 2002年3月20日発売 10th Single( ゲームソフト「キングダム ハーツ」テーマソング) 。

    PVはワンカメ、ワンテイク(編集なし)で撮影された。

    第17 回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞。

    2003 年「JASRAC賞」 外国作品賞。
  • 「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌の作詞家さんもコメント!

  • 「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌で有名な『残酷な天使のテーゼ』『魂のルフラン』などを手がけた作詞家・及川眠子さんも今回の騒動についてツイッター上でコメントしています。
  • とても難しい問題なのかもしれませんが、宇多田さんの音楽への愛情はとても伝わりました。

    みんなが楽しめる。そんな音楽の未来を期待します。



コメント

関連する記事

世の中には、こんなにたくさんの『いいね!』があふれている。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード